バルクオム 評判

バルクオム シャンプー

更新日:

バルクオムのシャンプー

バルクオムというと、顔に使用するスキンケアというイメージかと思いますが・・・

実は、シャンプーやボディウォッシュといった顔以外に使える商品もたくさんあります。

この記事では、バルクオムのヘアケアやボディケアに使えるアイテムを紹介していきます!

バルクオムのシャンプー

バルクオムのシャンプー

バルクオムのヘアケアシリーズが出始めたのは、2018年のシルバーウィークあたりでした。

実は頭皮と肌は密接に関係しており、頭皮環境が悪ければ肌にも悪影響をもたらすと言います。

そこで、頭皮環境を整えるために開発されたのがバルクオムのシャンプーでした。

バルクオムのシャンプーの評判は良く、アマゾンの口コミレビュー評価では星4を獲得。

 

それもそのはず、Cosmoprof Worldwide Bologna 2019という世界最大級の美容展示会にて、バルクオムのシャンプーがグランプリを受賞したくらいだからです。

さらに、日本初のメンズブランドということでかなりの注目を浴びたのは言うまでもありません。

 

バルクオムのシャンプーはスキンケアと同じく濃密泡設計。

頭皮の毛穴詰まりを徹底的にケアしてくれます。

ノンシリコンのアミノ酸系なので髪の毛にも優しいと言うのもポイントです。

※バルクオムのシャンプーには育毛効果はないので薄毛対策にはなりません。

商品名:THE SHAMPOO(ザ シャンプー)

金額:3000円

内容量:200g

シャンプーの成分解析

水、ラウロイルメチルアラニンNa、グリセリン、ラウリルヒドロキシスルタイン、ラウリン酸ポリグリセリル-10、ペンチレングリコール、ポリクオタニウム-10、香料、PEG-60水添ヒマシ油、グリシン、温泉水、加水分解シルク、グリセリルグルコシド、リンゴ果実培養細胞エキス、チャ葉エキス、ユズ果実エキス、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、クエン酸、クエン酸Na、レシチン、キサンタンガム、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、ジヒドロキシプロピルアルギニンHCl、水酸化Na、ジグリセリン、塩化Na、BG、加水分解コラーゲン PG プロピルメチルシランジオール、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、エタノール、フェノキシエタノール

バルクオムのヘアトリートメント

バルクオムのトリートメント

バルクオムのヘアトリートメントはシャンプーとセットで使いたいアイテム。

バルクオムのヘアトリートメントにはグリセリンやアルギニンといった修繕成分が含まれているため、髪の毛の内部に至るまで浸透してダメージを回復させます。

また、エモリエント成分が乾燥や摩擦といった外部刺激から頭皮を守ってくれます。

使い方も簡単で、ヘアバンドを着用してシャンプーの後に適量ヘアオイルを塗るだけでOKです。

あとはボディタオルなどで拭き取ってあげてください。

商品名:THE TREATMENT(ザ トリートメント)

金額:3000円

内容量:180g

ヘアトリートメントの全成分

水、セテアリルアルコール、ステアラミドプロピルジメチルアミン、セバシン酸ジエチルヘキシル、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、イソステアリルアルコール、グリシン、ポリクオタニウム-10、マカデミアナッツ脂肪酸エチル、温泉水、加水分解シルク、グリセリルグルコシド、リンゴ果実培養細胞エキス、チャ葉エキス、ユズ果実エキス、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、レシチン、ジヒドロキシプロピルアルギニンHCl、γ-ドコサラクトン、グリセリン、キサンタンガム、コメヌカ油脂肪酸フィトステリル、トコフェロール、リンゴ酸、キトサンコメヌカ油脂肪酸アミドヒドロキシプロピルスルホン酸 Na、ステアリン酸グリセリル、水酸化 Na、乳酸、イソステアリン酸水添ヒマシ油、香料、BG、エタノール、フェノキシエタノール

バルクオムのスキャルプセラム

バルクオムのスキャルプセラム

バルクオムのスキャルプセラムの役割は頭皮を保湿することです。

スキンケアでいう化粧水みたいなものですね。

髪の毛は太陽の紫外線をもろに浴びてしまうので、

・蒸れやすい
・べたつきやすい

というようなデメリットがあります。

そこで登場するのがバルクオムの頭皮用美容液です。

 

バルクオムのスカルプセラムはべたつきや蒸れがないように、ノンウォーター処方を採用しています。

これにより、肌をしっかりと保湿するけど水っ気がないという状況を作り出すことができるのです。

商品名:THE SCALP SERUM(ザ スキャルプセラム)

金額:2500円

内容量:50ml

頭皮用美容液の全成分

加水分解コラーゲンエキス、イソペンチルジオール、センブリエキス、フィチン酸、アルギニン、ユーカリ油、温泉水、チャ葉エキス、リンゴ果実培養細胞エキス、ユズ果実エキス、加水分解シルク、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、グリセリルグルコシド、グリシン、グルコシルヘスペリジン、トコフェロール、レシチン、PEG-60水添ヒマシ油、キサンタンガム、グリセリン、PEG/PPG/ポリブチレングリコール-8/5/3グリセリン、水酸化Na、酸化銀、水、BG、エタノール、フェノキシエタノール、香料

バルクオムのヘアケア

バルクオムのヘアケア

ここまでで紹介したヘアケアグッズの「シャンプー」「ヘアトリートメント」「スキャルプセラム」は3点セットのお得な定期コース(W定期など)が用意されています。

定期便での申し込みが必要ですが、これらが揃って2980円という激安価格でお試しすることができます。

髪質や臭いが気になる

とう方は是非チャレンジしてみてください。

バルクオムのボディウォッシュ

バルクオムのボディウォッシュ

続いてはバルクオムのボディケア商品も見ていきましょう。

バルクオムのボディウォッシュは、背中ニキビやシミといったリスクを回避するため「世界を変える泡」というキャッチフレーズで開発されました。

男性特有の汗の臭いにもバッチリ対応しています。

商品名:THE BODY WASH(ザ ボディウォッシュ)

金額:2500円

内容量:40g

ボディウォッシュの全成分

カリ石ケン素地、水、ジグリセリン、タルク、BG、コカミドDEA、イソステアリン酸ポリグリセリル-2、シロキクラゲ多糖体、クレイミネラルズ、ベントナイト、オリーブ果実油、温泉水、チャ葉エキス、リンゴ果実培養細胞エキス、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、グリセリルグルコシド、加水分解シルク、クララ根エキス、ローズマリー葉エキス、酸化亜鉛、ユズ果実エキス、シクロデキストリン、レシチン、グリセリン、キサンタンガム、含水シリカ、水酸化Na、グリシン、エチドロン酸4Na、フェノキシエタノール、エタノール、香料

バルクオムのボディトリートメント

バルクオムのボディトリートメント

「体が乾燥して気になるけど、わざわざボディクリームを塗るのは面倒」という悩みに応えるべく開発されたのがバルクオムのボディクリームです。

ただ単に肌を保湿するだけでなく、ほのかな香りを与えるのでまるで神秘のベールに包まれている感覚に陥ります。

体臭改善にも役立つかもしれません。

ポケモンで言うところの「しんぴのまもり」「しろいきり」といった感じでしょうか。

とにかく、普段から持ち運ぶことで肌の保湿レベルを自由に変えられると言うメリットがあります。

商品名:THE BODY TREATMENT(ザ ボディトリートメント)

金額:4000円

内容量:250g

ボディトリートメントの全成分

グリセリン、水、ジカプリン酸PG、ステアリルアルコール、オリーブ果実油、BG、アラキデス-20、シア脂、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、ベヘニルアルコール、リンゴ果実培養細胞エキス、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、グリセリルグルコシド、加水分解シルク、シロキクラゲ多糖体、温泉水、ツバキ種子油、チャ葉エキス、レシチン、ユズ果実エキス、ローズマリー葉エキス、クララ根エキス、酸化亜鉛、カプリル酸グリセリル、シクロデキストリン、トコフェロール、クエン酸、ベントナイト、ヒドロキシエチルセルロース、含水シリカ、キサンタンガム、ペンチレングリコール、カプリリルグリコール、グリオキサール、水酸化Na、グリシン、フェノキシエタノール、エタノール、香料

バルクオムのヘアケアやボディケアについては以上です。

人気記事バルクオムの口コミ→怪しい評判は嘘!?

Copyright© バルクオムの評判は嘘?洗顔効果なしという怪しい口コミやステマも!? , 2019 All Rights Reserved.